低燃費住宅の特徴

低燃費住宅の性能

 

快適で健康な室内環境を生み出す低燃費住宅の標準仕様

国内最高性能を誇る家です。まずは比較してみてください。

低燃費住宅の家の隙間面積を示すC値0.2cm2/m2は日本のハウスメーカーでトップの数字※1です。気密性能を高めた設計に対して熟練の職人が丁寧に作業するため、竣工時の気密性能を長期的に維持できます。
低燃費住宅の壁はダブル断熱(充填断熱+外張り断熱)を採用し、断熱材だけで一般的な住宅の2倍以上の量の合計185mmの厚みです。
屋根の断熱材には、断熱、調湿、防音に非常に優れたセルロースファイバーを一般的な住宅の1.5倍以上の量の300mm以上使用しています。
低燃費住宅の窓(トリプル樹脂サッシ)は国内で最も普及している窓(平均U値4.65W/m2k)の6倍の性能を持ち、世界トップクラスの断熱性能。
低燃費住宅で標準採用している構造材は、腐らない柱(ACQ処理木材)です。シロアリや腐れに非常に強い材料です。屋外での30年以上の間でシロアリ、腐れ等の被害なしという実験結果を得ており、理論上では100年以上の耐久性はあると言われています。
低燃費住宅は耐震等級3を標準仕様としております。等級1の1.5倍の強さを誇り、病院や警察署などの重要施設で採用されているのが等級3です。地震に強いことが最大のメリットですが、地震保険の保険料も50%割引になることも利点です。
低燃費住宅の窓と壁は外からの500HZ以上の音域を音を40db以上削減することができます。マイナス40dbとは、屋外の騒音を1/100以下まで減少させる遮音性能になります。
温めた(冷やした)室内の空気を換気で捨てないように、熱交換型の換気システムを使うことで、捨てる空気から最大88%もの効率で熱を回収しています。換気口から冷たい(暑い)空気が入ってこない上、冷暖房エネルギーの削減につながります。
私たちの住宅は高い断熱性能、気密性能を誇るため、夏でも冬でもエアコン1台で快適に暮らすことができます。もちろん結果的にランニングコストも抑えることができます。※2
低燃費住宅は、高い断熱気密性能を有するため、1階も2階も、南側も北側もどこでも同じような室温湿度は一定を保ちます。プランや間取りにもよりますが、居室間の温度差は2℃前後に抑えることが出来ます。
低燃費住宅の室内壁は紙クロスの上に漆喰塗装が標準仕様です。漆喰はビニールクロスとは異なり、高い吸放湿性を誇るため、家1軒で約13リットルもの湿度を調湿する能力を有しています。

※1 2018年2月現在大手ハウスメーカーHP調べ。
※2 間取りやプランにより異なる場合がございます。