ホーム > 家づくり応援プロジェクト > 子育て世代編 > 子育て世代に優しい家づくりの特徴

子育て世代に優しい家づくりの特徴

特徴1子育て世代も新築できる総予算

せっかく家を新築したのに、住宅ローンの返済により家計が圧迫され、実家やアパートで暮らしていた時よりも質素な生活を送ることになった…。そうなってしまうと、幸せいっぱいなはずの新生活も、喜びが半減してしまう…。
そこで中野ハウジングでは、徹底したコスト管理と無駄を省いた家づくりで、総予算を極限まで抑えました。
青葉台で新築していただくことで、以下の月々の返済額でご家族の夢を実現することができます。
※建物は青葉台に建築した場合の費用となります。
中野ハウジングの家づくり
青葉台土地:309万円
建物:1,188万円
総予算 1,497万円1,500万円の借入で新築できます!
1,500万円借入の場合
(ローン返済シミュレーション)
35年返済
金利5年固定1.05%
月々返済額 42,690円

特徴2お子様の成長に合わせて
将来的な間取りの変更も可能

間取りを考える場合、お子様のお部屋のことでも頭を悩ませますよね?「今はまだ小さいので子供部屋は必要ない」、「将来的には子供が増えるかも…」などなど。
中野ハウジングの新築は、お子様の成長や、新築後に新しく家族が増えた場合であっても臨機応変に間取りの変更が可能な、プランをご提案いたしております。
新築時でお子様がまだ小さい間は12畳の多目的ホールとして利用。ご両親やお友達の宿泊部屋にも。
12畳の部屋を壁と扉を付けて半分に仕切り、1部屋は子供部屋に。もう1部屋は趣味の部屋などで活用。
新築後にお子様が生まれても2部屋まではらくらく子供部屋としてご利用いただけます。

特徴3シロアリ対策は
自然素材で安心・安全


新築を考える場合、「間取りはどうする?」「屋根や外壁のデザインや色はどうする?」「キッチンやトイレは何がいい?」「玄関までのアプローチはどんな感じにする?」など、検討することがたくさんあり、シロアリ対策まではなかなか気がまわらないことがほとんど。その為、どうしても後回し、または業者さん任せになりがちです。でも長持ちする家を作るためにはシロアリ対策は重要なポイントになるんです!
だから、中野ハウジングの新築はよく用いられる「農薬系薬剤」ではなく、「ホウ酸」を使ったシロアリ対策を施工いたします。「ホウ酸」は「農薬系薬剤」よりも安心・安全な自然素材を使用しているため、体にも優しく、さらに効果が持続する上、メンテナンス費用も抑えられます。
「農薬系薬剤」と「ホウ酸」
日本では新築時にシロアリ対策を行うよう規定されていますが、多くの新築で「農薬系薬剤」を用いてシロアリ対策が行われております。しかし、人体に対し毒性があること、環境汚染があることなどで問題となっています。また、揮発する為、5年ごとに20万円(*注)が繰り返しかかるという、経済的にも難しいものです。
しかし、世界に目を向けるとアメリカ・オーストラリアをはじめとする国々では、ホウ酸系シロアリ対策が主流となっております。
ホウ酸は一度の処理で長期間効果が切れない為、非常に経済的です。また、ホウ酸は農業では肥料として使われている安全な鉱物です。アメリカでは、殺虫剤の使用箇所について厳密に定められており、虫のいない木部への農薬系薬剤処理は許されていません。

*注)2階建40坪(建坪20坪)の家での計算
費用および持続効果比較